こんな想いで「脳トレ」コミュニティを主宰してます。

改めまして江藤有紀です^^

私の自己紹介マンガは楽しんでいただけましたか?

江藤有紀(えとうゆき)プロフィール https://namakemonoblog.jp/therapist-stor...

 

2013年にオーダーの世界を知ってから、私の世界は180度以上!ひっくり返りました。

恋愛はボロボロ、毎日お金がなくてATMの前で泣いていた、当時の私が今の私を見たら…おそらくこう叫ぶことでしょう(笑)

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
んなわけあるかぁ!詐欺師だ!

 

とても疑い深かったのでね。

それくらい想像もしていなかった未来を、今、生きています。

 

「脳トレ」を知ってからの私の変化は、自己紹介マンガを読んでいただいた通りです。

ここでは少しだけお堅い話…というか

なぜ「脳トレ」を伝える活動を続けているのか?

「脳トレ」を広める活動を通してどんなビジョンがあるのか?

そんな想いを語らせてください。

 

カウンセリングを“女子力”の象徴にしたい♡

私には夢があります。

心のケアを受けている。心の世界について勉強している。

それが普通のことになる世界…いえ、もっと言うと

 

心のケアを受けている=女子力が高い♡

と言われるような風潮・文化・世界を作りたいのです。

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
あ、吹かないで!まぁ…吹いてもいいけど大真面目だよ!

 

 

きっとこのブログを読んでくださっている方は、心のこと(心理学・自己啓発・スピリチュアル・見えない世界のこと)に興味がある方かと思います。

 

今はずいぶんと、見えない世界や心のことについて発信している人も多くなりました。

私が心のことについて興味を持ち始めた頃は、心理学の本が「オカルトコーナー」に置かれていたものですが…今じゃ、書店の最前列に心理学の本がズラリと並んでますよね。

時代も変わったものですわー。

 

ですが、まだまだ心のケアを受けていることを、会社の同僚や上司、昔からの友人もしくは家族など身近な人に言いづらい人も多いのではないでしょうか?

 

心のケアって“病んでる人”が受けるものなの?

ここで1つ、私の過去のエピソードをお話させてください。

私が本格的に心のことを学び始めたのは27歳の時でした。

 

周りの友達が次々と結婚し、出産する子もいて、なんだか急に置いていかれたようで…。

週4で合コンをはしごするも、まぁ不発。

出会えない・付き合えない・続かないの三重苦。

 

すみません、自分で言うのもホントに何なのですが…そこそこの容姿は持ち合わせていたので、なぜここまで恋愛・結婚で苦戦するのか?混乱していたのです。

 

イグアナさん
イグアナさん
自分で言うのね?
ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
うん、自分で言うよw

 

そこで焦った私は、占いジプシーやセラピー・セミナージプシーを経て、「脳トレ」の元になる脳科学・量子力学について学び始めることになりました。

 

オーダーの世界を知ってからは、一言では表せないですが…ざっくり楽しかったです^^

本命の恋愛・結婚がすぐ動いたわけではありませんが、すぐに会社での人間関係やお給料に変化が出てきたんですね。

 

 

自分の頭の中(フォーカスポイント)を変えるだけで、どんどん現実が変わっていくことがとても新鮮で楽しく、この道を極めたいと思うようになりました。

 

いつかセラピストとして活動してみたいな。

という小さな小さな願いが芽生えたころでしょうか。

 

学生時代から付き合いのある友人と、いつも通りカフェでお喋りしている時、勇気を出してそのことを伝えてみたんです。

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀

私、少し前から心のことについて学んでいるんだ。

恋愛を上手くいかせたくて、セッションとかを受け始めたんだけど。

今はセラピストとして活動してみたいなと思ってるんだ。

 

 

心臓がバクバクしていました。

だって、今まで昔ながらの友人たちとは、そんな話をしたことなかったのですから。

 

昨日の合コン不発だった〜とか、いい男は残ってない説とか。

あの美顔器よかったとか、ネイルサロン情報とか、どうやって仕事サボるかとか、給料少ないとか。

 

そういった話しかしてこなかったので、私が心のことについて学んでいると彼女たちが聞いたら、どんな反応をするのだろうか…

ドキドキしながら友人たちの顔を見ると、とても微妙な、なんとも言えない表情をしていました。

そしておもむろに一言。

 

有紀…?大丈夫?病んでるの?

 

 

もうその一言で十分でした。

心臓バクバクから、急激に心拍数低下。

 

付き合いの長い友人でしたし、応援してくれずとも軽く受け止めてくれるだろうと思っていたんですね。

でも現実は「病んでる女」扱い。

いや、まぁ確かにね、ちょっとは病んでたかもしれない。でもそんな言い方しなくてもねぇ?

 

自分の人生をもっと良くしたくて

大好きな人と素敵なパートナーシップを築きたくて

セラピストとして発信することで、幸せになる人が増えたらいいな

 

そんな思いから友人にカミングアウトしたのに。

 

心のことを学んでいる・心のケアを受けている

病んでる人

 

このようなイメージを持たれているということに、改めてショックを受けたんですね。

 

パートナーが心の学びをすると旦那さんが心配する?

また、こんなこともありました。

年商何十億という、企業の社長さん(男性)とお食事をする機会があったんですね。

とても親切な方で、私の今後のビジネスについてもたくさんのアドバイスをくださいました。

ただお話の中で、本当にぽろっとこんな発言をされました。(決して悪意はないと思います)

 

あなたがやっている仕事は、世間的には少し怪しいものでしょう。

もし自分の奥さんやパートナーが、あなたが開催しているような(心についての)セミナーに参加しているとしたら、世の中の旦那さんは普通心配すると思うのね。

だからメイクレッスンとかお料理教室とか、そういったものとドッキングして開催したらいいんじゃないかな?

そしたら奥さんは旦那さんに対して「今日はメイクレッスン行ってきます」と伝えて家を出れるでしょう。

そのほうが旦那さんも安心だし家庭も円満だよね。

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
…ええと…あ、はい、そうですね。ありがとうございます。考えてみます。

 

とてもとても…とてもショックでした。

私の活動が、怪しいものとして思われていることにショックを受けたのではありません。

(そんなことはどうでもいいのですよ。まぁ確かに怪しいと言われれば怪しいしな!)

 

心の世界について学んでいることや、心のケアを受けていることを、旦那さんに言えない。もしくは言いづらい。

 

自分の奥さんやパートナーが、メイクレッスンやお料理教室に行くことは良しとするのに、心のケアを受けることに対して微妙な反応する男性が多い。

 

このような風潮がまだまだスタンダードであることが、なんだか悲しくなってしまったんですね。

 

心の世界がもっとオープンになればいい

先に挙げたエピソード(有紀、病んでるの?事件)は、私が27歳の頃の話です。

男性経営者さんからのエピソードは私が33歳の頃です。

 

7年近く年月が経っているのに、心のことを学んでいる=怪しい・メンタルが弱い。という風潮が続いていることが悲しかったのです。

 

もちろん考え方は人それぞれだと思います。

男性経営者の方は年齢も少し上でしたし、世代によって考え方も違うでしょう。

私が主催するセミナーにも、ごくたまにですが20代のメンズが参加することもありますしね。

全員が全員、心のケアを受けるべきだとは思わないし、全ての情報をパートナーを共有する必要もないでしょうしね。

 

ちなみに、私と旦那さん(通称:イグアナさん)はどうかと言うと…

私が定期的に個人セッションに出かける時「いってらっしゃい。楽しんできてね。」と快く送り出してくれます。

 

セッションから帰って来ると「今日のセッションはどうだった?」と感想を聞いてくれます。

 

「頭がクリアになってよかったね」

「有紀ちゃんは心のケアをする時間を取った方がいいよ」

そう言って応援してくれます。

 

私が、自分の心を大事にケアすることや、セッションを通してどんどん人生を拡大させていくことに対して、全面的に信頼してくれています。

この状況ってすごく安心感があるんですよね。

 

パートナーが心のケアを受けたら、得するのは近くにいる人たち

これは私の持論なのですが、もし仮に奥さんや彼女、パートナーが心の世界を学びはじめた場合。

1番得をするのはすぐ近くにいる人なんです。

 

旦那さまはその最たる例。

お子さまやご両親、仲の良い友人や会社の同僚・上司など。

心のことを学んでいる・セッションを受けている本人はもちろん幸せになりますが、すぐ近くにいる人たちもその恩恵を受けるのです。

 

なぜなら、心の世界を学ぶことで

 

  • 本人のメンタルが安定して、ご機嫌さんになる
  • 生き生きと人生を送れるようになって、毎日楽しそうになる
  • 周りの人の潜在能力に気がつけるようになる

 

つまり???

周りの人に対する貢献力が格段にアップするんですね。

すぐ近くにいる人が、その恩恵を受けないわけがありませんから。

ちなみにこの状況を「脳トレ」では“幸せの発信源になる”と定義しています。

 

 

「脳トレ」を広める活動も、大きなくくりで言えば自己啓発業界に入るかなと思います。

自己啓発業界全体のイメージが少し怪しいというか、宗教に近いようなイメージで見られることも現状まだまだあるでしょう。

この状況って、個人的にはある意味「仕方がないのかな」という気持ちもあるんですよね。

 

なぜなら自己啓発業界のセミナーなどは正直ピンキリ。

高い志を持って活動している素晴らしい人もいれば、あまり経験のないのに高い金額でクライアントさんを集めている人もいます。

良い・悪いの判断はそれぞれでしょうが、心の世界に興味のない人から見てみれば「何をやっているのかわからない怪しい集団」に見えても仕方が無い部分はあるかと思うのです。

 

こういった風潮がある以上、自分のパートナーが自己啓発系のセミナーに行くと言いだしたら…

大丈夫かな?洗脳されて変な壺を買わされないかな…

と心配してしまう旦那さまが一定数いるのは、まぁ当然かもね、と。

 

開かれたコミュニティを目指したい

そんな中で「脳トレ」コミュニティが目指しているのは、パートナーや家族にも参加することを応援してもらえる団体です。

自己啓発業界=胡散臭いと言うイメージをひっくり返したいんですよね。

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
あとね、自己啓発業界=なんかダサい、芋っぽい、ゴリゴリみたいなイメージも嫌。オシャレで可愛くてポップなのがいい!

 

心のケアを定期的に受けることが、ヘアサロンに定期的に行くことと同じような感覚になるように。

(毎月トリートメントしてるとか、女子力高いですよね?え?みんなやってる???)

 

定期的に心のケアを受けている=素敵女子だね!と言われるように。

 

そして心のケアを受けていることを、周りに隠すのではなく応援されるように。

(むしろ羨望の眼差しで見てくれても構わないぞ、君たち)

 

参加している本人だけが満足するのではなく、その周りの人にも応援されて初めてコミュニティの存在意義があると考えています。

 

ただし!

「誰にでも応援してもらえるようコミュニティの世界観を一般化する」のではありません。

 

よくわかんない世界だけど、奥さんがすごく生き生きしてきたから…そんな世界もあるのかもね。

 

コミュニティに参加した本人はもちろん、その周りの人にも新しい世界・柔軟性を提案できるような。。。

「脳トレ」コミュニティの活動を通して、そんな世界を作っていきたいなというのが、今の私の夢の1つです。

 

 

かなり長いブログでしたが、このような経緯と想いがあってコミュニティ運営をしているということをお伝えしてみました。

 

自分自身が幸せになることは大前提として、自分の大切な人たちをも幸せな世界に導ける。

“幸せの発信源”としてこれからの人生を生きていきたいと思う人、どこかの機会でお会いできることを楽しみにしています。

 

それでは!

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
江藤有紀(ナマケモノ)
江藤有紀(ナマケモノ)
2013年からセラピストとして活動してます。占い・引き寄せの法則・心理学・自己啓発に疲れ果て、オーダー・量子力学の世界にたどり着きました。 オーダーを知ってから、元・ジャグリング世界チャンピオン(現フォトグラファー)のイグアナさんと出会って結婚。愛もお金もないゲロ時代に終止符を打ち、別世界を生きるようになりました。2014年にOLから独立して、今は夫婦で会社経営を楽しんでいます。
オンラインレッスンのご案内

「脳トレ」®︎オンラインレッスンについて

「脳トレ」®︎オンラインレッスンは、脳と心の仕組みを学んで、現実を思う通りにクリエイトしていくスキルを身に着けるスクールです。

引き寄せの法則・脳科学・コーチングをベースにしており、誰にでも体得できるよう体系化されたカリキュラムのため、参加メンバーからは「再現性の高さが1番の魅力」というお声をいただいています。

※2016年にスタートし、今年で4年目になります。これまでに300名ほどのメンバーにご参加いただきました。

 

「脳トレ」®︎オンラインレッスンについて

現役・卒業メンバーからの声

メンバーの体験記10選・無料ダウンロード

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です