イベント開催に想うこと。大事な人たちをもてなす場を作る。

さて、2020年1月26日(日)「脳トレ」新春祭りを明日に控え、遠足前の小学生のようにワクワクしています(笑)

(そしてギリギリまで準備してますw)

 

今日もイベントで使う荷物搬入のため、東京大神宮に行ってきたのですが…めっちゃ混んでました!

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
え?!もう1月も終わりだけど、土日とは言えこんな混むの???!!!

 

さほど広くはない境内に何人だろう?

軽く100~150名以上はいたと思うのだけど。

参拝の列が鳥居からはみ出そうな勢いでした汗

 

もし明日イベント前に参拝を考えてらっしゃる方は、少しお時間に余裕を見ていただいた方がいいかもです。

 

「なぜトップがそんなに準備に動いているの?」

「脳トレ」のイベントをチームで行うようになったのは2018年から。

 

2018年の新春祭り→明治神宮

2020年の新春祭り→東京大神宮

2021年の新春祭り→○○○○○

実は来年の会場も決まりました!でもまだ内緒。とびっきりの場所ですよ。

 

こんな感じで、神社しばりでほぼ毎年開催していますが(笑)

 

何かイベントを開催する際、おそらく私が1番手を動かして準備しています。

あ、他のチームメンバーが動いてくれないとか、そんなことは一切なくてですね。

私自身、イベントの準備がとっても好きなんですよ^^

 

ただ、その様子を見ていた外部の方から

あなた…コミュニティの代表なのに、ものすっごい準備するのね?!

若干引き気味で言われたことがあったんです(^-^;

 

イベントの企画から会場探し、告知準備から入金管理、お問い合わせ対応から裏方さんへの指示出し、ブログ書きながら当日はセミナー登壇者としてトーク。

これ全部やっていたのがキチガイに見えたみたいで。

 

さすがに私もキャパ的に難しくなってきたので、今回から外部のディレクターさんを入れたんですけどね。

ただ、今回の新春祭り前日の夜も、相変わらず最後の準備で作業しています(笑)

 

ということで、前置きが長くなりましたが

私がイベント開催で大事にしていること、スタンス

について少しお伝えさせてください。

 

 

大事な友人たちを迎える場=イベント

外部の人に引かれるくらい、自らイベント準備に走り回る私ですが…たぶんイベントに対する捉え方が少し変わっているのだと思います。

私にとってのイベントとは、大事な友人たちを迎える場なんですよね。

まぁ友人と言っても、初めましての人ばかりなので、感覚としてね^^

 

大事な友人たちを招いて、会費制の集まりを催すという状況になったら、皆さん気合いを入れて準備しませんか?

 

ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
明日は極寒らしいから、みんなモコモコのコート着てくるだろうなぁ…
ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
コート抱えたままイベント会場を回るの大変だろうなぁ…クロークわかりやすく案内してあげよう。
ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
イベントの余韻に浸れるようにお土産あったら嬉しいかなぁ…
ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
大事な人が来るのだから、きちんとした服装でお出迎えしたいなぁ…
ナマケモノ有紀
ナマケモノ有紀
当日の空気も感じたいし、セミナーの内容もちゃんと聞きたいだろうし。じゃあ動画を復習用にプレゼントしてあげたら喜ぶかなぁ…

 

こんな脳内トークが何日も何日も延々と続くから、気がついたらいつもイベント前日の夜になっています(笑)

そして後から後から追加になるから、結局ずーっと私は何かしら作業してる(笑)

 

でも、これがまったく苦痛じゃないんですよね。

 

キャパ的に大変になることはあるけど、結婚式の準備みたいな感じで。

どうしたら大事な友人たちが心地よく過ごせるかな?だけ、ずーっと考えてる。

2014年10月に初めて5名のお茶会を開催した時から、今100人以上のイベントを開催するようになってからも、そのスタンスは変わっていないです^^

 

規模が大きくなってもスタンスは変えたくない

ただ、ここに書いたような私のスタンスを好ましく思わない人も、もちろんいると思うんですよね^^

(それが悪いことでもNGでもない)

 

私は「イベント=大事な友人を招く場」と捉えているけれど、それって言い換えると「(立場的には)お金を出したお客さまでも、(一般的な)お客さまとして扱わない」わけで。

 

そうすると…

お金払えば誰でも行けるんだよね?楽しませてくれるんだよね?
お金を払ったのだから、相応のサービスはしてね!

というスタンスの人とは、どうしても相性が悪くなってしまう(笑)

いわゆる「一般的なサービス」を望む人ね。

 

もちろん、そのスタンスも悪いってことはないんだけどね^^

大事な友人と思えないな…と直感で感じた場合は、レッスン参加をお断りすることも多いし、イベントも「来ないでね」という念を送ることもある。

 

一般的な「お客さま」の立場として扱われることを望む人からすると、私のスタンスや対応は人によっては不躾に感じることもあるだろうしね。

私は、大事な友人たちを最大限にもてなして、最大の効果を持ち帰ってもらうために、預かった会費を使って全エネルギーかけて準備をする。

でも、(一般的な)お客さま向けのサービス提供をする意識はあまりない。

 

お客さま=ある意味、お金さえ持ってきてくれればいい人

大事な友人=必要経費はもらう。幸せになってほしいとオーダーする人

私の脳内ではこんな感じ^^

 

「脳トレ」オンラインレッスンメンバーは、もちろん大事な友人枠だし。

明日の新春祭りでご縁をいただく人も、もちろん大事な友人枠。

 

お客さま枠は…私の事業では必要ないかな。

お金だけもらっても(悪い気はしないけど)飽きちゃうし。

どうせなら大事な友人たちの幸せのサポートをして、収益をあげたいから。

 

だから「大事な友人枠」が心地よく感じない人は、うちのイベント参加はお互いのためにも見送ったほうがいいと思います^^

 

私のスタンスは、Twitterを見ててくれれば伝わるんじゃないかなと思うのだけど、きちんと言葉にしたことはなかったな〜と思って。

 

前回の七夕祭りからイベント参加者さんの人数も増えてきたから、改めて私のスタンスをお伝えしてみました!

 

お客さまとして、ご丁寧でうやうやしいサービス提供はできないけど(笑)

大事な友人として、あなたの人生が最高のものになるように心を込めてお迎えしますね^^

 

こんなスタンスに「いいな♪」と思ってくれた人は、ぜひご一緒しましょ!

それでは明日、会場で会える人も、画面を通して会える人も、楽しみにしてますね♡

 

ABOUT ME
江藤有紀(ナマケモノ)
江藤有紀(ナマケモノ)
卒業メンバー300名を超える「脳トレ」コミュニティ代表。2013年からセラピストとして活動してます。 占い・引き寄せの法則・心理学・自己啓発に疲れ果て、オーダー・量子力学の世界にたどり着きました。 オーダーを知ってから、元・ジャグリング世界チャンピオン(現フォトグラファー)のイグアナさんと出会って結婚。愛もお金もないゲロ時代に終止符を打ち、別世界を生きるようになりました。2014年にOLから独立して、今は夫婦で会社経営を楽しんでいます。
「脳トレ」オンラインレッスンのご案内
引き寄せの法則で恋愛・お金の望みを叶えた体験談を掲載

「脳トレ」®︎オンラインレッスンは、脳と心の仕組みを学んで、現実を思う通りに創造していくスキルを学ぶ場所です。

引き寄せの法則・脳科学・コーチングをベースにしており、誰にでも体得できるよう体系化されたカリキュラムです。

メンバーからは「再現性の高さが1番の魅力」という声をいただいています。

(2016年7月開始・現在14期目・卒業300名超)

 

レッスン詳細

メンバーの声

体験記10選

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です